Executive seminars

In these turbulent economic times, corporate executives need the intellectual stimulation, timely insightful analysis, and challenging interaction that can only be found in superior executive seminars that showcase the leading economic and business leaders and speakers in the world today.

Pacifica Consultants offers exclusive, high-powered executive seminars on a regular basis. Pacifica Consultantsproduces some of these seminars exclusively, while others are done in cooperation with partner companies, corporate sponsors, and supporting organizations.

In December of 1996, Pacifica Consultants brought Dr. Igor Ansoff, the “Father of Strategic Management” to Tokyo for a two-day executive seminar at The International House of Japan on “Strategic Management and Optimizing Profitability.” The Ansoff Seminar was co-sponsored by Coopers and Lybrand, Northwest Airlines, The Park Hyatt Hotel, J.D. Edwards, The Japan Times, and other leading companies in Japan.

Participants included leading executives from American Express, Coopers and Lybrand, Mercedes Benz, and Morgan Stanley.

Pacifica Consultants has also worked closely with many organizations such as The Economist Japan Business Group and the EU-Japan Industrial Cooperation Center to assist with accessing high-level corporate speakers for their programs.

As a further service to clients, Pacifica Consultants is able to access leading business and financial speakers from around the world for in-house sessions for periods ranging from a half day to a week. Please contact us today for more information.

世界初の「トークン化資産·デジタル化証券」の年次国際賞がノミネートを開始

TADSアワード(「TADS」)はトークン化資産·デジタル化証券分野における世界初の年次国際賞です。トークン化が金融市場にもたらすエネルギーを共有するために世界中の個人や企業が集まり、TADSアワードは業界を称え世界的に重要な貢献と優れた業績を表彰します。

2021年に開催される2年目のTADSアワード(「TADSアワード2021」)の候補者を2021年9月30日まで募集しています。TADS Awards Mid-Year Ceremony in Tokyoのノミネートは、6月15日までとなります。ノミネートは自ら応募するか、TADSアワードのグローバルアンバサダー、TADSアワードのパートナー、委員会メンバーを通じて応募することができます。ノミネートプロセスに関する詳細は、https://tadsawards.org/ をご覧ください。TADS Awards Mid-Year Ceremony in Tokyoは6月30日の午後7時からストリーミングをする予定です。参加は無料です。https://tadsawards.org/で申請してください。

TADSアワードは、Asia Pacific Digital Economy Institute(https://apdei.org/)、Coinstreet Partners(https://coinstreet.partners/)、STO LAB(https://thestolab.com/)が共同で主催し、GOIRとWave Financialがスポンサーとなっています。また、Accenture, Association of Family Offices in Asia, Crypto Valley Association, Deloitte, Entoro CapitalGibraltar Stock Exchange, Hong Kong Cyberport, HKbitEX, IBM, Microsoft Hong Kong, Morningstar, SBI Group, Somerley Capital, Stormharbour, TheTokenizer, West Park Capital等の戦略的パートナーから強力なサポートを受けているほか、16カ国以上のグローバルアンバサダーからも支持を得ています。

Coinstreet Partnersの創業者兼CEOであり、TADSアワードの組織委員会会長であるSamson (SAM) Lee氏は、「多くの業界リーダーや主要なエコシステム·ドライバーの皆様からの多大なご支援のおかげで、昨年のTADSアワードは大成功を収めました。2年目となるTADSアワードでは、市場の動向を把握するために、NFTトークン賞、NFTプラットフォーム賞、ライジングスター賞などのダイナミックな新要素を導入しました。」とコメントしています。

Asia Pacific Digital Economy Instituteの会長であるDavid Wen氏は、「トークン化は、経済のデジタル化に安全で標準的な方法を提供し、より強力で透明性の高い金融ツールを使用することで、リスク·リターン管理を改善し、コミュニティ全体へのサービスを向上させることができます。」と述べています。

IBMのファイナンシャルサイエンス·デジタル資産ディレクターであるNitin Gaur氏は、「TADS Awardsは、ブロックチェーンなどの技術やデジタル·アイデンティティ·資産を活用した資産のトークン化やデジタル資産という急速に進歩している分野において、最善のアイデアやソリューションに対する重要な認識を生み出しています。このようなプラットフォームは、認知度を高めるだけでなく、進歩に欠かせない、業界にシステム的破壊も変化も起こすイノベーションに焦点を当てています。」と述べました。

Deloitteのパートナー兼香港デジタル資産リーダーであるRobert Lui氏は、「セキュリティトークンオファリング(STO)は、世界中の政府に認められ規制された資金調達チャネルであり、さらにブロックチェーン技術によって強化され、トークンに紐付けられた資産の透明性とトレーサビリティが確保されます。監査は、セキュリティトークンがさまざまな国のローカル規制に準拠していることを確認するための重要なメカニズムであり、今後もそうあり続けるでしょう。これは、資本市場における主要なFinTechの発展です。」とコメントしました。

Accentureのテクノロジー戦略·リスクリード担当マネージング·ディレクターの大茂幸子氏は、「資本市場分野の多くの金融機関は、トークン化の機会を最大限に活用しようとしています。トークンベースの取引プラットフォームは、トークン化された資産取引のためのインフラを提供し、従来の市場インフラと新しい市場インフラの間で公平な競争条件を確立するために出現する必要があるでしょう。」と指摘しています。

香港サイバーポート最高経営責任者Peter Yan氏は、「TADSアワードは、トークン化された資産とブロックチェーン技術の前向きな発展を促進する重要なプラットフォームであることが証明されており、世界中の人々がこの分野の最新のアプリケーションを理解するのに役立っています。このような認識は、香港をこの業界の才能ある人々にとってより魅力的な場所にするために不可欠です。香港最大のFinTechコミュニティと多くのブロックチェーンスタートアップの本拠地であるサイバーポートとして今年のTADSアワードをサポートできることを嬉しく思います。」と述べています。

Morningstarアジアのアライアンス、リディストリビューションソリューション、データ製品の責任者であるChris Carlin氏は、「トークン化された資産とデジタル化された証券の業界が昨年から成長し、より主流になりつつある中、TADSアワードはこの分野の新興リーダーを振り返る良い機会となります。技術、製品、プラットフォームでリーダーシップを発揮し、この分野で革新的な活動をしている企業を表彰する場が設けられることを楽しみにしています。」と述べています。

「CVAとして2年目のTADSアワードに参加できることを誇りに思っています。この分野の動きは非常に速く、成功するためには優良な情報を得ることが不可欠です。TADSアワードは、最も興味深い開発について明確な分類と詳細を提供してくれます。今年は、NFTも対象に含まれていることも楽しみにしています。」と、Crypto Valley Associationの理事長であるDaniel Haudenschild氏は述べています。

「私は昨年、金融市場に「変化の風」が吹いており、私たちはこの変化を受け入れるべきであり、受け入れなければならないとコメントしました。しかし、どれほどの変化が、どれほどの速さで訪れるのか、そしてそれに伴ってどれほどの論争が起こることを、ほとんど予期できていませんでした。トークン化資産とデジタル化証券は、同じ技術に基づいていますが、暗号通貨と同等のものではないことを認識することが重要です。イノベーションは重要ですが、TADSとTADSをサポートするシステムを推進する私たちは、規制当局を味方につけ、市場がこの明らかに破壊的革新分野の開発を安心して受け入れられるように努力しなければなりません。」と、Somerley Capital Holdings Limitedの会長であるMartin Sabine氏は述べています。

「資金調達の世界では、資産トークン化とSTOが、より効率的で柔軟な資金調達方法と投資構造を世界規模で提供してくれます。TADSアワードは、STOの優れた事例を多く集めており、このコンセプトをさらに幅広いプラットフォームに広めることができます。」と、ANS Capital Limitedのマネージング·ディレクターであるStephan Law氏は述べています。

Wave Financialの社長兼マネージングパートナーであるBenjamin Tsai氏は、「TADSアワード 2021のスポンサーとして参加できることを大変嬉しく思います。このイベントは、デジタル資産業界の優秀性を評価する世界的なイベントです。」と述べています。

TADSアワード2021では、6月末に2つのカテゴリーで特別中間賞を日本で開催します。中間賞の受賞者は、後日2021年11月に香港で開催される年末賞のファイナリストとして自動的に選出されることになります。年末のアワードは、新たに追加された「NFTトークン賞」と「NFTプラットフォーム賞」を加えた2つのアワード部門(各部門5賞)から合計10名の受賞者が選ばれる本格的な授賞式となります。 また、スタートアップ企業を奨励し、これらの業界における革新的な概念実証プロジェクトを表彰するために、多数のRising Stars Awardsが設けられています。

(1) 「ベスト·オブ·クラス」カテゴリーは、以下の様々なタイプのトークン化資産/デジタル化証券の発行者を対象としています。 

– 株式担保型トークン

– 資産担保型トークン

– トークン化債務トークン

– NFTトークン(新規)

– ESG/SDGトークン


++ TADSライジングスター (新規)


(2) 「エコシステム·エクセレンス」カテゴリーは、バリューチェーンに沿った垂直ソリューションを提供するサービスプロバイダーを対象としています。

– KYC/コンプライアンス

– トークン発行

– デジタル·カストディアン

– NTFプラットフォーム(新規)

– ブローケージ/アセットマネジメント


++エコシステム ライジングスター (新規)


昨年のTADS賞授賞式-「TADS Awards Gala 2020」を振り返るには以下をご覧ください。https://tadsawards.org/winners/#stream

Asia Pacific Digital Economy Instituteについて

Asia Pacific Digital Economy Institute(APDEI)は、デジタル経済を加速させるために、新しい考え方や革新的な実践のインキュベーション、ソート·リーダーシップの推進、新たな成長機会の創出、ビジネスの競争力と生産性の向上、人材の育成を目的とした、卓越したリーダーシップとパートナーシップの拠点を構築することを目指しています。詳細については、以下をご覧ください – https://apdei.org/

Coinstreet Partnersについて

2017年に設立されたCoinstreetは、受賞歴のある分散型投資銀行グループ、プライベートウェルス向けのハイエンド金融サービス会社、デジタルアセットとフィンテック分野の専門コンサルタント会社であり、デジタル経済の新時代に向けたビジネスエコシステムを提供しています。Coinstreet Partnersは、5つの主要なビジネスセグメントに注力しています。(1)資産のトークン化とデジタル化証券のコンサルティング、(2)デジタル資産管理とプライベートバンキング、(3)デジタル資産のグローバルな流通のコーディネーション、(4)TADSの発行、取引、管理プラットフォーム、(5)DeFi、NFT、DLTソリューション。 

Coinstreetは、Global Online Investor Roadshow(www.GOIR.info)-プライベートエクイティ、オルタナティブ投資、デジタルアセットの機会を対象とした次世代の機関規模オンライン私募プラットフォームの共同主催者であり、トークン化資産とデジタル化証券分野の世界初の国際的な賞であるTADSアワード(www.TADSawards.org)の共同主催者でもあります。

詳細については、www.coinstreet.partners をご覧ください。

STO LABについて

香港サイバーポートによって設立されたSTO-LABは、完全に準拠したワンストップでエンドツーエンドの「資産のトークン化」と「デジタル化されたセキュリティのグローバル配信」のソリューションを提供しています。STO-LABは、固定資産、不動産、コモディティ、デリバティブ、株式、負債、キャッシュフロー、投資ファンドなど、さまざまな種類の資産を対象に、資産トークン化サービスを提供しています。STO-LABは、グローバルなブロックチェーン·アライアンス·ネットワークを構築し、セキュリティ·トークン·オファリング(STO)プロジェクトの推進、デジタル化された証券、トークン化された資産と伝統的な金融市場の資産との融合の促進、STOプロジェクトのためのより良いエコシステムの構築に貢献することを目的としています。

詳細については、https://thestolab.com/ をご覧ください。